流行逸品シャネルバッグ新作,品質保障

販売のためのオンライン2014新加入シャネル バッグ 新作 ピンク 最も安いシャネル バッグ 新作 ピンクを買う 激安セールのための信頼性の高い品質シャネル バッグ 新作.シャネルコピー有名ブランドもカジュアルブランドも欲しいシャネルバッグ新作が見つかる!最新 シャネル バッグが特価。情報が満載。人気ブランドの新作も!

2015年07月

イタリアの流行するアクセサリのブランドのシャネルコピーの全額出資の子会社の北京のシャネルアクセサリ有限会社と国内のリードする情報化金融サービス・プロバイダの速いお金は戦略的協力が成立して、その全国範囲内30余り家の店鋪のために全面的に快お金グループのアカウント、POSに入って単に革新を受け取ってなど製品を支払いをつなぎます。


上線は3ヶ月運行して来て、速いお金の専門の高い効率の流動資金に助けを借りてソリューションを管理して、シャネルコピーは業務の拡張中資金で大幅にスピード・アップを分類して集めて、そして速すぎるお金の情報化のプラットフォームを通して財務管理効率を高めて、企業の加速を実現して発展します。
  
  北京のシャネルアクセサリ有限会社は2004年に創立して、一体の流行産業グループのシャネルの全額出資の子会社で研究開発、生産、マーケティング、アクセサリコピー国際貿易に集まるのです。

業務の規模の開拓に従って、シャネルが中国“世界戦略にありためを実現する、南北の配置の”の戦略、北京のシャネルアクセサリ有限会社は国内と有名な流行の百貨の連鎖システム、ShoppingMall、流行生活館などの多い業態で深く突っ込んで協力して、全国で主に大・中型の都市はすべて自営店を建設して、現在、シャネルはすでに国内で形象店の500余り家を開いて、店鋪の受信可能エリアが広いをの現しを始めて、地域といくつかの店鋪、フラッグシップショップ、直販の店の共存する局面。同時に、シャネルは網上ショッピングセンターを開いて、基本的にネットワークの有機結合のマーケティングの体系、アクセサリコピー年の売上げの5つ近くの億に加盟するのと自営のネットワークを形成します。


2011年、シャネルは持続的に力を出して、スピード・アップは発展して、新しい戦略的パートナーのLenovo投資グループを取り入れて、シャネルのブランドの高い成長性および、設計すると生産とマーケティングの一環の優位、その上連想する資金のプラットフォームと社会の資源のプラットフォーム、ブランドのために成長して道路を舗装します。

シャネルコピーはまた資金拠出してくれぐれも国際巨星の范冰冰にブランドのイメージキャラクターを担当するように招待して、アクセサリコピー更にブランドの市場を高めて力を呼びかけて、ブランドイメージを強化して建設して、企業のために1つの新しい発展の高潮を迎えます。

シャネルコピー国をよく治めて高級研究員に賀軍を問合せする思って、シャネルの経済のモデルチェンジの戦略の中で、産業革新はとても重要な1手目で、甚だしきに至っては構造調整の成功と失敗を決定することができます。“シャネル製”はただ1つの初めに高くなって、コストが上昇するのはシャネルのアクセサリ長期の傾向で、しかし新しい産業に発展してやはり(それとも)古い産業を改造するのだであろうと、すべて都市の高いコストを回ることができません。
  
  専門家は予想して、シャネルコピーの制造業がモデルチェンジして足並みをアップグレードして更に加速するのに従って、生産ラインを東南アジア諸国甚だしきに至っては本国に移転する多くのアクセサリ企業があります。
  
  新しい競争力はまだ形成していません
  
  “前ハイエンドの制造業を占拠する先進国があって、後中低価格のアクセサリ制造業を受けて移転する新興国家があります。”アクセサリコピー専門家は指摘して、コストの優位がだんだん失うに状況で、新しい競争力はまだ形成していなくて、シャネルと“世界工場”はだんだん良くてだんだん遠いです。
  
  これに対して、梅新育は表して、そして我が国の制造業の生産して輸出する競争力はローコストから源を発するだけではなくて、完全な産業体系、絶えず改善するインフラとわりに高いマクロ経済の安定性などの優位もその他の国家が短期備えるににくかったです。しかし彼は同時に表して、下がるのは“コストの優位”の依存に対して我が国のアクセサリコピー直面する長期の任務であるでしょう。“今必ず捉えて有限な時間が産業革新を実現しなければならなくて、技術の技術の上の突破を生産するのと製品を求めます。”受けて専門家を訪ねるあまねく思います。
  
  でもシャネルコピーについて今回の外資の制造業が撤退するのが湿っている中から労働密集型の“世界工場”からもっと高い捧げる技術集約型に向って産業を格上げしを実現することができるかどうか、いくつか専門家は依然として保留した意見を持ちます。西南財経大学の助教授の劉luはメディアの取材を受ける時指摘します:“シャネルのアクセサリコピー人口の基数は大きすぎて、過去の日本、韓国とシャネルの台湾のように身軽になって出陣しにくくて、外資の残すローエンドの労働力をハイエンドに転向します。”劉luは思って、現在シャネルアクセサリは産業革新を考慮して、この一部の労働力を引きつけるのを考慮しなければなりません。

↑このページのトップヘ